事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21...

中国コラム 感染症流行下での企業の生存と発展の道

感染症の流行の影響を受けた企業は非常に多く、まだ多くの企業が感染症流行の状況から回復していないため、今回のコラムでも感染症流行による企業の生存と発展の道について考え、企業のコスト削減と従業員の業務効率の向上、従業員の離職率の低下などの方面から深く探求する。...

新型コロナウイルス感染による労働人事争議案件問題に関する解答−2

前回お話しいたしました政府から発行された感染症流行により起こる可能性がある労働人事争議案件に対するQ&Aの日系企業に関係がある部分を抜き出し弁護士の解説を加え説明しております。 第10条. 雇用単位は労働者の本籍、住所が元々感染症の流行が深刻であった地区であることを理由に労...

深セン 認定ハイテク企業の優遇措置について

中国ではコロナウイルス影響に対するさまざまな優遇措置が設けられていますが、深センではハイテク企業はより優遇措置が手厚くなっております。ハイテク企業認定を取得し、それによって優遇措置を受け、現在の苦境を乗り越える一つの手段とし、ご紹介しております。...

中国外交部は居留許可を持つ外国人の入境を暫定的に停止することを決定

新型コロナウイルス肺炎が全世界的で急速に蔓延していることから、中国は2020年3月28日0時から現在有効な訪中査証及び居留許可を持っている外国人に対して入境を暫定的に停止することを決定した。つまり、一時避難として日本にいた中国駐在の日本人は中国へ入国できない状況となっている。

深セン 新型コロナウィルス現状について

前回もお知らせしましたが、深セン政府は新型コロナウイルス流行の影響を受けている深セン市企業へ支援は6000億元規模の行うとしています。 特にイノベーション企業の多い深センの支援策を以下記載いたします。 新型コロナウイルス対策関連重点企業への支援...

中国深セン コロナウイルスによる操業再開の手順について

中国武漢を 発生源 とする新型コロナウイルス 感染による 肺炎 の流行 が世界 中で注目される中、中国では深刻な影響を受けています。深センにある企業を含む中国企業の正常運営と国際競争に深刻な影響を与え続けています 。 我々は企業が法律に基づき安全かつ秩序ある操業再開をサポー...

日本の投資家が中国で工場の賃貸をする際の問題及びリスクについて -2

二、不動産の所有権の帰属を更に精査する 賃借人は工場の敷地の所有権の帰属の情報を確認し、賃貸人は工場の敷地の完全な処分権を持っているかどうかを判断しなければならない。もし賃貸人が建物の所有者である場合、賃借者は財産権証書の提供を要求しなければならない。もし賃貸人が非有権者で...

日本の投資家が中国で工場の賃貸をする際の問題及びリスクについて -1

近年多くの日本投資家が中国に投資を行っているが、2020年1月1日『中華人民共和国外商投資法』の実施に伴い、中国の外商投資条件は更に緩和され、ますます多くの日本の投資家が中国に投資にすることになるだろう。以前担当したケースから工場の賃貸の過程の中で注意をすべき重要な問題に対...