事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

日本のパートナー弁護士が訪中

先日日本の某法律事務所のパートナー弁護士が弊所にお越しになりました。

 弁護士とは、日中間の経済における密接な関係性により、多くの日本中小企業が中国の投資市場および投資政策と規制を理解する必要性があるため、私たちのようなプロ集団と協力し日本企業のサポートを行うことで合意いたしました。この協力関係を通じ、中国企業と日本企業との間の投資に関する更なる専門的なサービスを提供できることとなりました。

 また、取り始めとして日本企業が中国市場に参入するために必要な、投資に関する中国の政策や規制、注意点やリスクを分析し、実際の事例や実案を通し得た教訓や紹介するため、今回訪問いただいた日本の弁護士と共同でセミナーをさせていただくことを計画しております。

最新記事

すべて表示

企業解散の実務とリスク 各方面の登記抹消

企業解散の実務とリスクの提示に焦点を当て、中でも企業が従業員を解雇する際に重点的に考慮すべき問題についても掲載いたしましたが、今回は一般的なプロセスとして、企業が従業員を問題なく解雇した後、各方面の登記を抹消する段階に入ります。中でも重要なのは税務及び税関の登記抹消です。車衛東弁護士は今回のコラムで企業が税関の登記を抹消する過程において特に注意すべき以下の問題について指摘します: 1.税関の登記抹

中国深セン 最新法律情報 8月

1.8月20日、最高人民法院は新聞発表会にて、新たに改訂された『民間賃借事件の審理に関する法律適用の若干の問題に関する規定』(以下、「規定」という)を発表し、記者の質問に回答した。 人民裁判所が民間の貸借事件を審理する際に適用する借入金利の基準は以下の通りである。 1.1 22020年8月20日までに、人民裁判所が新たに受理した第一審の民間貸付紛争案件は、以前の規定すなわち借入年率は最高で24%と

会社解散に関するスケジューリング

会社の解散をご依頼いただくことが増えております。その際は、お客様の状況に合わせ、細かく計画を立てて、進行状況を管理しております。実際には多少の内容差は出てきますが大まかにずれることはありません。以下は実際のある日系生産工場の解散に関するToDoスケジュール一覧です。少々細かいですが、是非ご参考ください。 1 律师团队出具遣散方案 当グループにて解雇方法資料作成 2 与广东深天成律师事务所签署《委托

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon