事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

案件例1 労働紛争

最終更新: 2019年1月26日



お客様:娯楽用品 日本メーカ中国工場様

ご相談内容:労働紛争

相手側:従業員


相談時の状況:ある娯楽用品の企業様で、工場撤退による登録抹消処理を行なっている最中、数名の従業員が職業病を理由に会社へ賠償請求する訴訟を起こした。訴訟は2年目に入っても解決できずにいた。長期化を恐れ、第三者の意見を求め、当グループへご連絡いただいた。


解決方法:従業員一人一人に連絡を取り、従業委員の立場に立ち彼らと協議を行った。多くの案件処理の経験から得た従業員への説得力を活かし、法律規則に従い説得を行った。また従業員の健康状態をしっかり把握・確認し、なんども話し合いの機会を設けた。結果、数十名の職業病の労働紛争を仲裁という形にて解決した。


解決に要した時間:一ヶ月


この事例を通して:私たちは紛争においてどの相手方も一人の人であるという事を大切にしています。相手側とも信頼関係を築き、信念を持って親身に話し合いをする事で必ず解決方法が見えて来ます。企業様は会社として話しかされず解決に持ち込めないことが非常に多くみられます。その際、第三者であり法を理解した弁護士が間に入る事でスムーズにことを収めることもできます。


#中国

#労働紛争

#工場撤退

#労働契約

#法律

#仲裁

#弁護士

#解決

最新記事

すべて表示

コラム:企業解散の実務操作とリスクの提示

今回のコラムでは引き続き、感染症の流行の影響による企業解散の実務操作と企業解散の過程で注意すべきリスクを研究し、検討する。車衛東弁士は企業解散の経験を総括することによって、企業に従業員の解雇処理において、次のような問題を重点的に考慮するように提示する。 1. 事前に関連管理部門と意思疎通の準備をし、解散事項を公告する 1.1 企業の所在地の労働局の派出所や街道弁事処等と事前にコミュニケーションを取

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21 条の具体的な措置を含み、各企業は以の内容に重点的に注意することができる。 1.1 財政支援政策を十分に活用する政府は年間で実際

深セン 最新法律情報 

7月に中国の各庁から発行・発表された内容について翻訳解釈し、見解をまとめております。 1. 2020 年07 月21 日国務院弁公庁は、『ビジネス環境のさらなる最適化による市場主体へのサポート強化に関する実施意見』(国弁発〔2020〕24 号)を発表した(以下「意見」)。 外資貿易企業の経営環境を最適化する内容と各部門の職責と分業は以下の通りである。 1.1 輸出入の通関を更に効率化する。輸出入貨

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon