事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

知的財産権侵害事件は5年間で1万9430件



上海浦東裁判所で結審した知的財産権侵害事件は5年間で1万9430件と発表。

結審件数が45.54%毎年増加している。

高額訴訟賠償案件は増加しており、500万元以上の知的財産に関する事件は74件で、国際的に有名なブランドや作品に多く関連している。損害賠償額も年々上がっており、50万元以上の賠償額を判定した事件は66件で、主に商標と不正競争分野に集中する。


該当裁判所だけでなく、どの地方でも知的財産、権利侵害に関する案件が急増しています。

中国進出をお考えの企業様にはまず、この知財リスクを回避することをお勧めしています。

ありとあらゆる角度からリスクを考えておかなければ、中国での企業経営は難しいでしょう。


また、多くの日系企業は自分達でなんとか出来るとお考えです。

中国法務をしっかり理解されている方なら解決はできるかもしれませんが、専門家に任せる方が速度、コスト的、会社としてメリットが出ると考えます。

時間がかかるほど、内容は複雑化し費用、企業への悪影響要素は膨らみます。


問題に直面したら、まずは専門家にご相談されることをお勧めします。

最新記事

すべて表示

コラム:企業解散の実務操作とリスクの提示

今回のコラムでは引き続き、感染症の流行の影響による企業解散の実務操作と企業解散の過程で注意すべきリスクを研究し、検討する。車衛東弁士は企業解散の経験を総括することによって、企業に従業員の解雇処理において、次のような問題を重点的に考慮するように提示する。 1. 事前に関連管理部門と意思疎通の準備をし、解散事項を公告する 1.1 企業の所在地の労働局の派出所や街道弁事処等と事前にコミュニケーションを取

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21 条の具体的な措置を含み、各企業は以の内容に重点的に注意することができる。 1.1 財政支援政策を十分に活用する政府は年間で実際

深セン 最新法律情報 

7月に中国の各庁から発行・発表された内容について翻訳解釈し、見解をまとめております。 1. 2020 年07 月21 日国務院弁公庁は、『ビジネス環境のさらなる最適化による市場主体へのサポート強化に関する実施意見』(国弁発〔2020〕24 号)を発表した(以下「意見」)。 外資貿易企業の経営環境を最適化する内容と各部門の職責と分業は以下の通りである。 1.1 輸出入の通関を更に効率化する。輸出入貨

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon