事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

知的財産権侵害事件は5年間で1万9430件



上海浦東裁判所で結審した知的財産権侵害事件は5年間で1万9430件と発表。

結審件数が45.54%毎年増加している。

高額訴訟賠償案件は増加しており、500万元以上の知的財産に関する事件は74件で、国際的に有名なブランドや作品に多く関連している。損害賠償額も年々上がっており、50万元以上の賠償額を判定した事件は66件で、主に商標と不正競争分野に集中する。


該当裁判所だけでなく、どの地方でも知的財産、権利侵害に関する案件が急増しています。

中国進出をお考えの企業様にはまず、この知財リスクを回避することをお勧めしています。

ありとあらゆる角度からリスクを考えておかなければ、中国での企業経営は難しいでしょう。


また、多くの日系企業は自分達でなんとか出来るとお考えです。

中国法務をしっかり理解されている方なら解決はできるかもしれませんが、専門家に任せる方が速度、コスト的、会社としてメリットが出ると考えます。

時間がかかるほど、内容は複雑化し費用、企業への悪影響要素は膨らみます。


問題に直面したら、まずは専門家にご相談されることをお勧めします。

最新記事

すべて表示

企業解散の実務とリスク 各方面の登記抹消

企業解散の実務とリスクの提示に焦点を当て、中でも企業が従業員を解雇する際に重点的に考慮すべき問題についても掲載いたしましたが、今回は一般的なプロセスとして、企業が従業員を問題なく解雇した後、各方面の登記を抹消する段階に入ります。中でも重要なのは税務及び税関の登記抹消です。車衛東弁護士は今回のコラムで企業が税関の登記を抹消する過程において特に注意すべき以下の問題について指摘します: 1.税関の登記抹

中国深セン 最新法律情報 8月

1.8月20日、最高人民法院は新聞発表会にて、新たに改訂された『民間賃借事件の審理に関する法律適用の若干の問題に関する規定』(以下、「規定」という)を発表し、記者の質問に回答した。 人民裁判所が民間の貸借事件を審理する際に適用する借入金利の基準は以下の通りである。 1.1 22020年8月20日までに、人民裁判所が新たに受理した第一審の民間貸付紛争案件は、以前の規定すなわち借入年率は最高で24%と

会社解散に関するスケジューリング

会社の解散をご依頼いただくことが増えております。その際は、お客様の状況に合わせ、細かく計画を立てて、進行状況を管理しております。実際には多少の内容差は出てきますが大まかにずれることはありません。以下は実際のある日系生産工場の解散に関するToDoスケジュール一覧です。少々細かいですが、是非ご参考ください。 1 律师团队出具遣散方案 当グループにて解雇方法資料作成 2 与广东深天成律师事务所签署《委托

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon