事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

中国進出

日本企業の中国進出動向について、帝国データバンクの調査によると製造業は2019年5月時点で1万3685社であり2016年の調査時点から249社減少。この先も生産拠点を中国に置く企業は減少していくでしょう。

また、中国は生活水準はほぼ日本と同等となり、新たな中国マーケットとして中国進出をする企業が多くなってきました。資生堂やカルビーなどは中国進出し成功している日系企業です。


成功したキーポイントはマーケット力です。

いくらブランド力があるとはいえ、日本と同じ方法では売り上げは伸びないでしょう。

私たちは弁護士集団ですが、弁護士だからこそ色々な分野とのコネクションがあり、ご相談に乗ることは可能です。


何かお困りでしたら、まず一度ご相談ください。

最新記事

すべて表示

企業解散の実務とリスク 各方面の登記抹消

企業解散の実務とリスクの提示に焦点を当て、中でも企業が従業員を解雇する際に重点的に考慮すべき問題についても掲載いたしましたが、今回は一般的なプロセスとして、企業が従業員を問題なく解雇した後、各方面の登記を抹消する段階に入ります。中でも重要なのは税務及び税関の登記抹消です。車衛東弁護士は今回のコラムで企業が税関の登記を抹消する過程において特に注意すべき以下の問題について指摘します: 1.税関の登記抹

中国深セン 最新法律情報 8月

1.8月20日、最高人民法院は新聞発表会にて、新たに改訂された『民間賃借事件の審理に関する法律適用の若干の問題に関する規定』(以下、「規定」という)を発表し、記者の質問に回答した。 人民裁判所が民間の貸借事件を審理する際に適用する借入金利の基準は以下の通りである。 1.1 22020年8月20日までに、人民裁判所が新たに受理した第一審の民間貸付紛争案件は、以前の規定すなわち借入年率は最高で24%と

会社解散に関するスケジューリング

会社の解散をご依頼いただくことが増えております。その際は、お客様の状況に合わせ、細かく計画を立てて、進行状況を管理しております。実際には多少の内容差は出てきますが大まかにずれることはありません。以下は実際のある日系生産工場の解散に関するToDoスケジュール一覧です。少々細かいですが、是非ご参考ください。 1 律师团队出具遣散方案 当グループにて解雇方法資料作成 2 与广东深天成律师事务所签署《委托