事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

日本の投資家が中国で工場の賃貸をする際の問題及びリスクについて -2

二、不動産の所有権の帰属を更に精査する


賃借人は工場の敷地の所有権の帰属の情報を確認し、賃貸人は工場の敷地の完全な処分権を持っているかどうかを判断しなければならない。もし賃貸人が建物の所有者である場合、賃借者は財産権証書の提供を要求しなければならない。もし賃貸人が非有権者である場合,貸与権がある証明書の発行を要求しなければならない。例えば賃借人が二次転貸をした不動産は、一次賃貸契約書の中で転貸を禁止する規定が取り決められてないか、既に権利者の転貸行為に対する同意を得ているかどうか、一次賃貸期限は二次転貸の賃貸期限をカバーできるかを確認し、不動産権利証書を所得しなければならない。関連する不動産権利証書またはその他証明文書、一次賃貸契約書等は、賃貸契約の添付文書とすべきである。不動産権証またはその他の証明書類、リース契約書などは、リース契約の付属品としなければならない。

契約書の締結をする前に賃借人は賃貸人に不動産登記部門が印刷した不動産情報照会表の提供、または賃貸人と一緒に不動産登記部門に行き印刷をすることを要求し、再度工場の不動産所有者の情報を確認しまた工場が差し押さえられていないか、担保にされていないかの確認をする。もし工場が貸出前に既に裁判所に差し押さえられているまたは担保にされている場合、裁判所がこの建物に対し執行するまたは抵当権利者が抵当権を行使すると賃貸契約が終止されてしまうため、賃借人に予測ができない損失をもたらすことになるので注意しなければならない。


三、賃貸期限及び賃料、敷金


賃借人は工場を賃借する場合、事前に対象の工場所在地周辺の同類の工場の市場賃貸価格及び近年の賃貸価格の上昇の状況を調査し、賃貸人との交渉で価格を決定する際に価格のボトムラインとすることをお勧めする。

賃料支払いの規定で賃料の支払時期,支払方式,特に保証金,敷金の支払いと払い戻しの条件と時間を明確にしなければならない。賃貸期間が比較的長い場合、契約書上で賃料調整の方法を明確にする必要がある。同時に契約書上で不可抗力または工場の土地が徴収、収用されるなど賃貸人の原因ではなく賃借物が使用できなくなった場合の処理案を明らかにしなければならない。工場の建物、土地が徴収収用された場合には、立退き対象者への補償、操業停止補助金及び賃借人が建設した付属施設、建築物、構築物、増設附属施設に対する補償等が発生する可能性がある。双方は契約書でこの補償費用の帰属及び賃料の減免及び返還事項を明確にするべきである。

賃貸の開始終了の時期は具体的に明確にするべきであり、賃貸の期限は二十年を超えるべきでない。『中華人民共和国契約法』の関連規定によると賃貸期限は二十年を超えてはならず、二十年を超えた部分は無効になるとしている。現在中国の都市建設の速度はとても早く、一部の地区の不動産の価格は都市建設の計画が原因で価格の上昇幅が比較的大きく、一部の貸出人は利益を大きく出すために、契約に違反する形で契約を早めに終止させ、価格を別の賃借人に貸出をすることがある。したがって賃借人は賃貸契約書でもし賃貸人が理由なく契約終止する場合、比較的高い違約金と賃借人が想定する損失の賠償金を支払わなければならないことを取り決めることをお勧めする。


四、水、電気、ガス、不動産管理費、汚染物質排出費等の基準


現在一部の賃貸人が悪意をもって水、電気、ガス、不動産管理費、汚染物質排出費等の基準を上げる事実から、賃借人は賃借の前に建物の所在地の政府が交付した各種の料金標準を確認し賃貸人と協議の際の根拠とし、公正な価格を確定することを提案する。例えば深セン市では大量/高需要の商業用電気料金の基準は:ピーク時間帯が0.85-1.05元/度、平常時0.55―0.7元/度;低い時間帯が0.17―0.25元/度である。深セン市宝安区の工業汚水処理費は1.05元/立方メートルである。賃貸契約を締結する前に、賃借人は賃貸人と水、電気、ガス、不動産管理費、汚染物質排出費等の費用の基準を明確にし、契約書の締結の際にきちんと契約書の条項を確認し、取り決めの内容が不明確、概念のすり替えや曖昧な表現等による後続トラブルを避けなければならない。

深天成弁護士がサービスを提供する広東省恵州市にある会社制のクライアントは、賃貸人が勝手に電気の価格を上げたため、クライアントの工場使用コストが上がり、これにより毎月余分に5万元―6万元支出することになってしまった。


五、改装の申請と許可及び原状回復などの義務の負担


建物の改装には一定期間の時間が必要であり、また申請と許可、審査認可手続きが必要になる可能性がある。もし賃貸人が履行することを決定する場合、改装の期限、申請の義務の主体及び不履行の場合の責任を明確にしなければならない。賃貸期間が満了後、賃借人が改装物を撤去できるかどうか、撤去後原状回復の義務はどちらが負担するかの問題、及び賃貸契約終了後に一部撤去のできない部分の割引補償費等全てを約定する必要がある。

深天成の弁護士がサービスを提供する深セン市宝安区にある会社制のクライアントは、工場の「原状回復」事項を明確に約定しなかったため、工場の移転時に2ヶ月分の家賃の回復費用を余分に支払わなければならなくなった。


六、工場建物の補修義務


賃借人は実際状況に応じて、工場補修の義務の主体を明確にする必要があるかどうかを考慮することができる。『中華人民共和国契約法』の規定に基づき、明確な約束がない場合には、賃貸人が補修義務を負うことになっている。賃貸人が補修義務を履行しない場合は、賃借人が自ら補修し、補修費用は賃貸人に負担させることができる。賃貸借物件の修理により賃借者の物件の使用に影響を及ぼされる場合は、状況に応じて賃料を減らす、または賃借期間を延長しなければならない。もし賃貸人が補修義務を負担することを約定した場合には、補修の際の連絡先、連絡人、対応速度、費用等について詳細に約定しなければならない。また,賃借人に補修義務の履行を促し,損害を適切に補うために,補修の不利な場合の違約金,賠償金,損失計算方法を約束しなければならない。


七、消防環境保護責任


賃借人は工場建物の消防検収が通過した書類を確認し、賃貸契約書で工場が既に消防検収に合格し、消防検収に合格していない場合の責任、違約金及び合格していないことにより賃借人に与える損失は賃貸人が負担することを明記しなければならない。

工場の賃貸時にその工場が既に関連工事の建設工程を完了しているか検証すべきである。賃借人はこの建設項目は既に環境アセスメントを取得したかどうか、環境アセスメントの建設工程は会社の実際の業種、生産能力等に適合しているかを検証すべきである。深天成の弁護士がサービスを提供する広東省恵州市にある某会社制のクライアントは、賃貸前に弁護士サービスを利用しておらず、賃貸契約の約定が明確ではなく現在工場を賃貸契約し約9カ月が経っている現在も賃貸人が原因で環境保護の検収が通過せず操業開始ができず巨大な損失を被った。


八、工場の売却及び譲渡


現行の法律では、“賃貸期間中に賃貸の目的物の販売があったとしても賃貸契約に影響を与えない”、“賃借人に優先的に購入権が与えられる”という規定があるが、実際は双方で具体的に約定するため、賃借人は賃貸契約書に債権者が賃貸の目的物を販売する際に事前告知義務、権利保障、損害賠償の記載があるか確認する、または追記すべきである。もし賃借人に購入の意思がある場合は、契約書上で優先購入権の具体的な行使条件と手順を明記することを提案する。


九、工場の引き渡しと返還


賃借人は賃貸契約書で工場の引き渡しをする時間、賃貸人が引き渡しを遅延した際の賃借人は契約解除権及び賃貸人の違約責任を明記すべきである。紛争を避けるため、もし工場に重要な設備背施設がある場合、引き渡し明細書を作成し双方で署名し、工場の返還の際は双方が署名した引き渡し書を基準とする。

最新記事

すべて表示

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21 条の具体的な措置を含み、各企業は以の内容に重点的に注意することができる。 1.1 財政支援政策を十分に活用する政府は年間で実際

中国コラム 感染症流行下での企業の生存と発展の道

感染症の流行の影響を受けた企業は非常に多く、まだ多くの企業が感染症流行の状況から回復していないため、今回のコラムでも感染症流行による企業の生存と発展の道について考え、企業のコスト削減と従業員の業務効率の向上、従業員の離職率の低下などの方面から深く探求する。 一、企業のコストを削減 (一)家賃を下げてコストを節約 光明区の例:光明区工業類産業用不動産市場の家賃指導価格に関する文書は各種類の産業用不動

新型コロナウイルス感染による労働人事争議案件問題に関する解答−2

前回お話しいたしました政府から発行された感染症流行により起こる可能性がある労働人事争議案件に対するQ&Aの日系企業に関係がある部分を抜き出し弁護士の解説を加え説明しております。 第10条. 雇用単位は労働者の本籍、住所が元々感染症の流行が深刻であった地区であることを理由に労働契約を解除する場合、どのように対処すべきか。 雇用単位は労働者の本籍、戸籍登録、その他有効な身分登録の住所が元々感染症の流行

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon