事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

コラム:企業解散の実務操作とリスクの提示

今回のコラムでは引き続き、感染症の流行の影響による企業解散の実務操作と企業解散の過程で注意すべきリスクを研究し、検討する。車衛東弁士は企業解散の経験を総括することによって、企業に従業員の解雇処理において、次のような問題を重点的に考慮するように提示する。


1. 事前に関連管理部門と意思疎通の準備をし、解散事項を公告する

1.1 企業の所在地の労働局の派出所や街道弁事処等と事前にコミュニケーションを取り、企業が解散予定であることを知らせる。

1.2 社内に解散公告を掲示する。


2. 会社と人事部門、財務部門とのコミュニケーションが必要

2.1 会社の人事部門を通じて会社の従業員の状況を事前に把握し、特に以下の特殊な状況に注意しなければならない:会社に妊娠期間、出産期間、授乳期間の女性従業員、労災従業員、職業病従業員、職業禁忌症を患った従業員、定年退職年齢に達した従業員、入社後6 ヶ月未満の再入社従業員、労働契約を締結していない従業員などの特殊な状況の従業員がいるかどうか。

2.2 財務と重点的にコミュニケーションをとる問題

2.2.1 法律に基づいて社員に社会保障、住宅積立金を納付しているか。

2.2.2 会社の財務担当者に給料をどう計算するか、どのように財務計算の給料計算に問題がないか適切に抜き取り検査するかを通知する。


3. 企業の実際状況に応じて特殊問題の処理方案を確定する

企業の実情を総合的に考慮し、以下の特殊な問題の解決案を準備する: (1)従業員を解雇する際、いつ当月の給料を支払うべきか(2)従業員の健康診断の問題(3)年次休暇の給料を支払うべきか(4)ボーナス、手当等を支払うべきか(5)従業員が受け取る失業保険の問題(6)従業員に当月の社会社保、住宅積立金を納付すべきか(7)従業員はいつ正式に離職するかの問題(8)従業員は退職の手続きをする必要があるか。


次回のコラムでは、感染症流行下での企業解散の実務操作及び企業解散に際しての注意点を引き続き深く検討していきますので、引き続きフォローの程よろしくお願いいたします。



最新記事

すべて表示

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21 条の具体的な措置を含み、各企業は以の内容に重点的に注意することができる。 1.1 財政支援政策を十分に活用する政府は年間で実際

深セン 最新法律情報 

7月に中国の各庁から発行・発表された内容について翻訳解釈し、見解をまとめております。 1. 2020 年07 月21 日国務院弁公庁は、『ビジネス環境のさらなる最適化による市場主体へのサポート強化に関する実施意見』(国弁発〔2020〕24 号)を発表した(以下「意見」)。 外資貿易企業の経営環境を最適化する内容と各部門の職責と分業は以下の通りである。 1.1 輸出入の通関を更に効率化する。輸出入貨

中国 企業解散の実務操作

今回のコラムでは、感染症流行下の企業解散の実務操作と、企業解散に際して注意すべきリスクを研究し、検討していく。車衛東弁護士は、企業解散前の準備作業の経験を総括することによって、次のような注意点を提示している。 (一)総合的に要因を考慮する 企業が解散を決定するには、自社の経営状況、取引先との提携状況、社員への給与の支給及び社会保険積立金の購入状況など、多方面の要因を総合的に考慮し、企業のその後の発

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon