事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

深圳市政府部門の新型コロナウイルス感染による肺炎流行に対する措置が企業に与える影響

深圳市は新型コロナウイルス肺炎流行(以下コロナウイルス)に対応するため、企業を支援し、困難を乗り越える一連の若干措置を発表し企業の操業再開、労働関係、従業員の給与の支払い等に対し一連の規定を制定した。本弁護士チームは企業が現在直面している問題に対して解説する。政府の打ち出した措置に反応できるよう関連する部門の関連措置及び規定に対する分析と読解を交え、政府が発表した措置と規定を整理する。




一、深圳市人民政府は2020年2月7日に『深圳市新型コロナウイルス感染による肺炎流行に対応し企業を支援しともに難関を乗り越える若干の措置』を発表。

深圳市発展改革委員会は関連部門と連合しこの措置の重点とハイライトに対し詳しく読解を行った。


(一)家賃減免。

読解:家賃減免に関して、市所属、区所属の国有企業が保有する深圳にある不動産であれば、一律に家賃免除政策が実施される。家賃免除が適応される不動産は工場、革新的産業の使用地、オフィス、農業卸売市場、店舗、倉庫物流施設、組立サービス使用地等。家賃免除期間は、全ての家賃減免対象者に対し一律に二カ月の減免としている。

現在、市住宅建設局は迅速に家賃免除政策の制定を急いでいる。


(二)住宅積立金比率の引き下げ、具体的な預金比率は、企業と企業従業員大会または労働組合の協議によって決定する。

読解:この申請条件は比較的緩く、企業の赤字年数制限の要求がなく、コロナウイルスの流行の影響を受け、住宅積立金の預金の困難な企業は、企業の従業員代表大会または労働組合の同意を得ればすぐ申請することが可能である。企業は申請時に企業従業員代表大会または企業の労働組合の決議書を提出する必要があり、その中で会社の困難、従業員審議の採決等の状況を説明しなければならない。この政策は2020年末まで申請することができ、申請の月から計算し最大12ヶ月、全市350以上のサイトでこの業務の手続きの予約ができる。


(三)企業の汚水処理費の返還。

新型コロナウイルスの影響を受けている企業に、6カ月間の都市汚水処理費を還付


(四)商工企業の電気コストを軽減。

読解:商工企業がコロナウイルス発生の段階で基本的に業務停止状態にあるが、“基本電気料金”の徴収が停止されていない場合、この部分の電気料金を軽減することにより企業の経営におけるプレッシャーを軽減する。この費用の減免は電力供給部門と市財政局が対応し市財政を通じて代納さるため、企業は申告をする必要がない。


(五)各種納税手続き期限延長・減税

読解2020年2月の法定申告納税期間は既に2月24日まで延長されており、申告納税期間の延長後も手続きが困難である場合、申告者は深圳市税務局電子税務局に申告の延期を申請することができる。納税の延期の申請は2月10日から深圳市税務局税務局にてオンラインで手続きをすることができる予定となっている。

この他不動産税、土地利用税の徴収期限はその年の10月1日から12月31日であり、特別な状況がない場合、申請者は本年度大四半期に申請すれば良い。


(六)援助の安定化に力を入れる。

読解:1、コロナウイルス予防管理期間、リストラをしないまたはリストラの少ない社会保険加入企業に対し、前年度に実際に納付した失業保険の50%を返還する。2、生産経営が困難でもリストラをしないまたはリストラの少ない保険加入企業に対し、企業及び従業員の前年度に納付した社会保険の25%を返還する。3、コロナウイルスによる治療費または医学観察隔離期間に企業が支払った給与に対し、基本年金保険料の納付基数の50%を超えない補助金を支給。


(七)柔軟な労働政策を実行。

読解:企業が法律に基づき年度内の休日を調整し、現在現場で勤務すると正常に現場に戻れない従業員の全体の勤務時間を調整することを許可する。例えば一年間の週休二日の休日を活用し、コロナウイルスの流行の影響を受け、正常に現場に戻り勤務することができない従業員に対し、週1日の休憩を確保する条件で、事前に休日との入れ替えを行うことができる。


(八)輸出信用保険サービスの保証の強化。

読解:オンラインでのサービスの強化、損害賠償の簡素化、損害賠償の条件の適切な緩和、コロナウイルスの流行の影響を受けた輸出企業の損害賠償の優先的な処理など。



最新記事

すべて表示

コラム:企業解散の実務操作とリスクの提示

今回のコラムでは引き続き、感染症の流行の影響による企業解散の実務操作と企業解散の過程で注意すべきリスクを研究し、検討する。車衛東弁士は企業解散の経験を総括することによって、企業に従業員の解雇処理において、次のような問題を重点的に考慮するように提示する。 1. 事前に関連管理部門と意思疎通の準備をし、解散事項を公告する 1.1 企業の所在地の労働局の派出所や街道弁事処等と事前にコミュニケーションを取

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21 条の具体的な措置を含み、各企業は以の内容に重点的に注意することができる。 1.1 財政支援政策を十分に活用する政府は年間で実際

深セン 最新法律情報 

7月に中国の各庁から発行・発表された内容について翻訳解釈し、見解をまとめております。 1. 2020 年07 月21 日国務院弁公庁は、『ビジネス環境のさらなる最適化による市場主体へのサポート強化に関する実施意見』(国弁発〔2020〕24 号)を発表した(以下「意見」)。 外資貿易企業の経営環境を最適化する内容と各部門の職責と分業は以下の通りである。 1.1 輸出入の通関を更に効率化する。輸出入貨

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon