事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

深セン 認定ハイテク企業の優遇措置について

 中国ではコロナウイルス影響に対するさまざまな優遇措置が設けられていますが、深センではハイテク企業はより優遇措置が手厚くなっております。ハイテク企業認定を取得し、それによって優遇措置を受け、現在の苦境を乗り越える一つの手段とし、ご紹介しております。

“国家ハイテク企業”に申請することで、企業所得税を25%から15%まで削減できる可能性があります。また現在私たちは現在会計士事務所と連携しており、具体的な納税案を制定し合理的にコスト削減をサポートするサービスも行っています。

一つ例を挙げ説明させていただきます。国家ハイテク企業と認定された企業の税収が1,000万元だったとすると、10%の税収を削減することができます。つまり、少なくとも100万元の税金の優遇が適応されることになります。また、売上高が一億元の企業は研究開発助成金、中小零細企業の認定・育成支援、科学技術革新券(奨励金)、深セン市技術変革プロジェクト等各補助金が適応されるため、補助金の合計は少なくとも200万元以上となります。

 本グループは日系企業の国家ハイテク企業認定の申請のサポートのサービスを提供しています。ご興味がある場合はお問合せ下さい。

最新記事

すべて表示

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21 条の具体的な措置を含み、各企業は以の内容に重点的に注意することができる。 1.1 財政支援政策を十分に活用する政府は年間で実際

中国コラム 感染症流行下での企業の生存と発展の道

感染症の流行の影響を受けた企業は非常に多く、まだ多くの企業が感染症流行の状況から回復していないため、今回のコラムでも感染症流行による企業の生存と発展の道について考え、企業のコスト削減と従業員の業務効率の向上、従業員の離職率の低下などの方面から深く探求する。 一、企業のコストを削減 (一)家賃を下げてコストを節約 光明区の例:光明区工業類産業用不動産市場の家賃指導価格に関する文書は各種類の産業用不動

新型コロナウイルス感染による労働人事争議案件問題に関する解答−2

前回お話しいたしました政府から発行された感染症流行により起こる可能性がある労働人事争議案件に対するQ&Aの日系企業に関係がある部分を抜き出し弁護士の解説を加え説明しております。 第10条. 雇用単位は労働者の本籍、住所が元々感染症の流行が深刻であった地区であることを理由に労働契約を解除する場合、どのように対処すべきか。 雇用単位は労働者の本籍、戸籍登録、その他有効な身分登録の住所が元々感染症の流行

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon