事例 / ニュース

【成功案件】環境汚染罪の容疑者の保釈申請成功

更新日:9月14日

 2019年9月末、某氏が環境汚染罪の容疑により刑事拘留されました。

 当チームの把握したところによれば、某氏の経営する工場の生産ラインは、配管から直接汚水を排出しており、汚水には重金属汚染物質が含まれていました。生産ラインから汚水排出設備を通って排出される汚水にも、基準を超える重金属が含まれており、基準超過値は27倍にも達していました。

 当弁護士チームは某氏との接見後、その記録を整理し、多くの資料や過去の判例を確認し、事件を処理している警察、検察官と複数回にわたって連絡を取り合い、同時に『保釈申請書』を提出しました。最終的に検察当局は当弁護士チームの意見を受け入れ、同年11月に某氏の逮捕を許可しないことを決定し、公安当局は某氏の拘留措置を保釈に変更しました。  その後、公安当局の捜査により、某氏にとって不利な証拠が大量に補足され、某氏は2020年1月中旬に逮捕されました。当弁護士チームは『拘留の必要性の審査に係る法的意見書』、『不起訴に係る法的意見書』、『保釈申請書』等の書類を提出し、また、某氏にとって有利な証拠を提出しました。当弁護士チームとの複数回にわたる話し合いの結果、検察当局は再度当弁護士チームの意見を受け入れ、2020年4月、某氏の拘留措置は再度保釈に変更されました。

当チームは上述のようにクライアントにとって不利な状況においても、できる限りご要望にお応えできるよう努力いたします。

最新記事

すべて表示

【成功案件・知的財産権関連】商標権侵害による店舗の営業休止

2020年4月初め、某有名飲食プラットフォームにおいて、某店舗の看板に北京の某飲食企業の商標権を侵害している疑いがあることから、某店舗は強制的にプラットフォーム上から削除されました。経営者某氏は飲食プラットフォームの知的財産権システムでフィードバック資料を何度も提出しましたが、効果はありませんでした。某氏は自分では解決不可能と考え、当チームにご相談くださり、処理の委託をなさいました。 委託いただい