事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

【成功案件例】環境汚染による処罰


2019年9月9日の終わり、ある工場の経営者C様は環境汚染の罪で刑事的に拘留されました。C様が運営する生産ラインは、実際に下水管から直接下水を排出しており、下水には重金属汚染物質が含まれていることが判明。生産ラインから下水処理施設を経由して排出される下水にも、基準を大きく超える重金属が含まれていました。当弁護士チームは過去の事例や資料などを調べ、同年11月上旬、C様に関した保釈保留審理申請書を提出。公安機関は申請書を採択しC様の拘禁措置を保釈とに変更しました。

その後公安機関による調査により、C様に対する大量不利な証拠が追加され、Cは2020年1月中旬に逮捕されることとなりました。当弁護士チームは、法的意見、不起訴に関する法的意見、裁判までの保釈申請などの文書を提出し、C様に有利な証拠を提出しました。検察官との幾度と連絡をとり、検察機関は再び当弁護士チームの意見を採用、2020年4月再び

拘留措置は保釈保留中とへと変更になりました。


本件は、クライエント様の完全な不利な状況にありましたが、情報の収集を行い少しでも有利になるような証拠を集めた結果、措置変更をできました。

当弁護士事務所はどんな状況であれ、クライエント様の要望に近づけるよう精進しております。

最新記事

すべて表示

企業解散の実務とリスク 各方面の登記抹消

企業解散の実務とリスクの提示に焦点を当て、中でも企業が従業員を解雇する際に重点的に考慮すべき問題についても掲載いたしましたが、今回は一般的なプロセスとして、企業が従業員を問題なく解雇した後、各方面の登記を抹消する段階に入ります。中でも重要なのは税務及び税関の登記抹消です。車衛東弁護士は今回のコラムで企業が税関の登記を抹消する過程において特に注意すべき以下の問題について指摘します: 1.税関の登記抹

中国深セン 最新法律情報 8月

1.8月20日、最高人民法院は新聞発表会にて、新たに改訂された『民間賃借事件の審理に関する法律適用の若干の問題に関する規定』(以下、「規定」という)を発表し、記者の質問に回答した。 人民裁判所が民間の貸借事件を審理する際に適用する借入金利の基準は以下の通りである。 1.1 22020年8月20日までに、人民裁判所が新たに受理した第一審の民間貸付紛争案件は、以前の規定すなわち借入年率は最高で24%と

会社解散に関するスケジューリング

会社の解散をご依頼いただくことが増えております。その際は、お客様の状況に合わせ、細かく計画を立てて、進行状況を管理しております。実際には多少の内容差は出てきますが大まかにずれることはありません。以下は実際のある日系生産工場の解散に関するToDoスケジュール一覧です。少々細かいですが、是非ご参考ください。 1 律师团队出具遣散方案 当グループにて解雇方法資料作成 2 与广东深天成律师事务所签署《委托