事例 / ニュース

トップページ / 事例ニュース

【成功案例】知的財産 商標侵害による店舗営業休止

 2020年4月の初め、有名なケータリングプラットフォームは、北京のケータリング会社の商標侵害の申し立てにより、店舗運営を休止することを余儀なくされました。経営者X氏はケータリングプラットフォームの知的財産システムに関するフィードバック資料を何度も提出しましたが、効果はありませんでした。X氏は自分では解決不可能と考え、当弁護士事務所へご相談いただき処理の委託されました。 委託いただいた後、当グループでは前例を徹底的に調べ、北京のケータリング会社の商標をX氏経営の店舗と比較するなど調査を進めました。その後当グループはX氏に店舗の調整を指導、北京のケータリング会社と積極的に連絡を取り、彼らの商標が他者によって無効化される可能性があることを北京のケータリング会社に連絡しました。同時に、弁護士の意見書をX氏経営のケータリングプラットフォームへ送付、店舗の運営を再開しました。  早急に当グループに依頼されたことで、X氏の損失は最小限に抑えることができました。また、X氏より当グループの功績や対応をご評価いただき、その後も引き続きお付き合いさせていただいております。

最新記事

すべて表示

コラム:企業解散の実務操作とリスクの提示

今回のコラムでは引き続き、感染症の流行の影響による企業解散の実務操作と企業解散の過程で注意すべきリスクを研究し、検討する。車衛東弁士は企業解散の経験を総括することによって、企業に従業員の解雇処理において、次のような問題を重点的に考慮するように提示する。 1. 事前に関連管理部門と意思疎通の準備をし、解散事項を公告する 1.1 企業の所在地の労働局の派出所や街道弁事処等と事前にコミュニケーションを取

感染症流行下での企業の生存と発展の道

(一)「深セン市2020 年安定外資、発展を促進する若干の措置」(以下「本措置」という)を活用し、政府の企業発展に対する政策支援を獲得する。 この措置は中国の開放をさらに拡大し、外商投資促進を強化し、外商投資保護水準を向上させるための積極的なサインである。5 つの面で21 条の具体的な措置を含み、各企業は以の内容に重点的に注意することができる。 1.1 財政支援政策を十分に活用する政府は年間で実際

深セン 最新法律情報 

7月に中国の各庁から発行・発表された内容について翻訳解釈し、見解をまとめております。 1. 2020 年07 月21 日国務院弁公庁は、『ビジネス環境のさらなる最適化による市場主体へのサポート強化に関する実施意見』(国弁発〔2020〕24 号)を発表した(以下「意見」)。 外資貿易企業の経営環境を最適化する内容と各部門の職責と分業は以下の通りである。 1.1 輸出入の通関を更に効率化する。輸出入貨

​広東深天成弁護士事務所

車弁護士グループ

広東深天成弁護士事務所

広東省深圳市福田区深南大道4009号投資ビル12階

518048

TEL

中国語(中国)+86-755-3333-9881

日本語(日本)090-9369-8766

FAX:(86)755-3333-9833

サイトマップ

  • Facebook Social Icon