事例 / ニュース

【成功案件・知的財産権関連】商標権侵害による店舗の営業休止

更新日:9月14日

 2020年4月初め、某有名飲食プラットフォームにおいて、某店舗の看板に北京の某飲食企業の商標権を侵害している疑いがあることから、某店舗は強制的にプラットフォーム上から削除されました。経営者某氏は飲食プラットフォームの知的財産権システムでフィードバック資料を何度も提出しましたが、効果はありませんでした。某氏は自分では解決不可能と考え、当チームにご相談くださり、処理の委託をなさいました。 委託いただいた後、当チームでは判例を徹底的に調べ、北京の飲食企業の商標と某氏経営の店舗の看板を念入りに比較する等の調査を進めました。その後、当チームは某氏に店舗の是正を指導し、北京の飲食企業と積極的に連絡を取り、北京の飲食企業の商標が他者によって無効の申し立てをされている可能性があることを告知すると同時に、弁護士による書簡を某有名飲食プラットフォームへ送付しました。某有名飲食プラットフォームは書簡を受け取った後、自発的に某店舗の運営を再開させました。  当チームにご依頼いただいたことにより、某氏の損失は最小限に抑えることができました。また、某氏より当チームの功績や対応をご評価いただき、某氏の経営なさる店舗について商標戦略の制定をご希望いただく等、長期的な提携関係を築かせていただいております。

最新記事

すべて表示

【成功案件】環境汚染罪の容疑者の保釈申請成功

2019年9月末、某氏が環境汚染罪の容疑により刑事拘留されました。 当チームの把握したところによれば、某氏の経営する工場の生産ラインは、配管から直接汚水を排出しており、汚水には重金属汚染物質が含まれていました。生産ラインから汚水排出設備を通って排出される汚水にも、基準を超える重金属が含まれており、基準超過値は27倍にも達していました。 当弁護士チームは某氏との接見後、その記録を整理し、多くの資料や